一般社団法人りんくう動物救急医療協会

文化を創造し、安心と期待が循環する未来へ

⼤学病院と連携した⽇本初の官⺠共同型の夜間救急動物病院の⽴ち上げプロジェクトに伴い【開業メンバーを募集】します

2022年4⽉、現⼤阪府⽴⼤学獣医臨床センターで、夜間救急動物病院の開院を予定しています。⽇本初の官⺠共同型の動物医療にスタッフとして参加しませんか?

最新の医療設備と充実した学術活動を⾏う環境の整った獣医臨床センター内での救急医療に従事する事で、臨床獣医師としてのスキルアップが出来ます。また、夜間診療を望む住⺠への地域貢献、学⽣教育のサポートに寄与するといった他の動物病院勤務にはないやりがいと喜びを感じる事が出来る職場ではないかと思います。

総合診療医としての習熟を図り将来の救急医療現場を主軸となって⽀える獣医師の育成にも注⼒し、地域の医療発展に向けて、共に総合診療医として成⻑できる仲間を募集します。

【就職説明会の案内】
現在、オープニングスタッフ(獣医師、動物看護師)を募集しています。10月の開業に向け、この官民共プロジェク是非ご参加ください。
協会では説明会を毎月第3月曜午後9時からオンラインで開催しています。ご興味ある方は、求人フォームから説明会希望とコメントいただきお申し込みください。お申し込み期限は各開催日の1週間前までとなっています。

ごあいさつ

大切なペットが夜中に体調が悪くなった時、かかりつけの病院が開いていなかったら、、、そんな心配をペットオーナーの皆さんはお持ちではないでしょうか。
2005年に堺市にあった夜間動物病院が大阪市内に移転し、以降南大阪地域での夜間救急動物病院の設立を望む声が絶えずありました。

地域動物病院と難治症例の治療や高度医療を行ってきた二次診療施設の大学病院が一体となって夜間救急獣医療を提供し、地域へ安心(Relief)を与え動物との幸せな生活に寄与することを目標に、2022年4月、現大阪府立大学獣医臨床センターで、夜間救急病院の開院を目指しています。
大学において欧州獣医学教育国際認証(EAEVE認証)を取得して獣医学教育を発展させることも目的とした夜間救急病院の立ち上げとなります。

これまで培った実績や学術活動をさらに重ねて、信頼を高め続けることで当病院に対する期待(Reliance)が募り、期待に応えることで再び安心を生み出し、安心と期待を循環(Rotation)させる。

安心Relief、期待Reliance、循環Rotationの3Rを意識した病院運営を行っていきたいと考えています。

                    【代表理事】 平野 勇二

勤務予定地

アクセス

法人名 一般社団法人りんくう動物救急医療協会
住所 【事務局】
〒595-0071
大阪府泉大津市助松町3-2-40
(ひらの動物病院内)
連絡先: info@raema.or.jp
勤務予定地 【勤務予定地】
〒598-0048
大阪府泉佐野市りんくう往来北1-58
大阪府立大学臨床センター